ドクター(dr).g’s クリアネイルとクリアネイルショット比較

ドクター(dr).g’s クリアネイルとクリアネイルショット違い比較

クリアネイルショット,ドクター(dr).g’s クリアネイル,比較

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルは、アメリカで販売されている爪水虫の塗り薬です。
Dr.G'sクリアネイルとクリアネイルショットは、共に爪水虫の塗り薬として販売されていますがどのような違いがあるのでしょうか?

 

まずは、成分の違いから見ていきたいと思います。

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルとクリアネイルショット成分比較

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルの成分

 

有効成分:トルナフタート1.0%

 

 

添加物

トリカプリルグリセリル 中鎖脂肪酸から構成されているオイルで天然油脂と比べて酸化に対する安定性が高く、伸びが良い特徴があります。
イソプロピルパルミテート 化粧品などに皮膚にに柔軟性を与えるエモリエント剤として配合される成分です。
ポリクォータニウム37 整髪料などにも使われる成分で、ツヤを出します。
ジカプリル酸プロピレングリコール 溶けにくい薬剤の溶解剤として使用されます。
PPG-1トリデセス-6 乳化剤として使用される合成界面活性剤です。
コカミドプロピルベタイン シャンプーなどで洗浄成分として使われる両面界面活性剤です。
コカミドプロピルアミンオキシド 洗浄剤として使われる合成界面活性剤です。
塩化ベンゼトニウム 防腐剤、保存剤として使用される成分です
セチルトリメチルアンモニウム臭化物 陽イオン性の界面活性剤です。真菌や細菌に対して殺菌効果。
アラントイン 消炎鎮静作用
ジデシルジモニウム クロリド 陽イオン性界面活性剤。
クウォーターニウム-15 ホルムアルデヒド放出剤と呼ばれる防腐剤。

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルに添加物はたくさん入っていますが、
爪水虫に対する効果は、トルナフタートによるものです。

 

刺激が強いところが欠点と言え、皮膚に付くと荒れやかぶれ、痛みが出る場合があります。
トルナフタートは昔から使われている抗真菌薬で、爪に対する浸透力はそれほど強くありません。

 

             ⇒詳細はコチラのページ

 

クリアネイルショットの成分

クリアネイルショット,ドクター(dr).g’s クリアネイル,比較
クリアネイルショット有効成分は、竹酢液
レプトスペルムムペテルソニイ(レモンセントティーツリーオイル)やティーツリーオイルに含まれるテルピネン-4-オール、シトラール、シトロネラール、α-テルピネオール竹酢液が有効成分です。
薬剤が真菌の細胞壁の合成を阻害することによって細菌を殺すのに対し、クリアネイルショットの有効成分は物理的作用により呼吸を止めることにより殺菌作用が生じていると考えられています。

 

 

またクリアネイルショットの有効成分は、最新の浸透技術で爪の中に浸透するよう処理されています。
クリアネイルショット,ドクター(dr).g’s クリアネイル,比較

 

 

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルとクリアネイルショット値段比較

  Dr.G's クリアネイル クリアネイルショット
単品 4980円(税込)+送料840円=5820円 3403円(税込、送料込)
定期コース

なし2個注文8800円(税込)+送料840円
1個あたり=4820円

3ヶ月毎9283円(税込、送料込)
1個あたり=約3094円

内容量 18ml(約2~3ヶ月分) 7g(約1ヶ月分)
返金保証 90日 25日
使用回数 1日2回 1日1回

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルとクリアネイルショット比較まとめ!!

 

ドクター(dr).g’s クリアネイルの爪水虫ケアの薬としての値段の安さは確かに魅力です。
クリアネイルは1本で2~3ヶ月もつので値段的には大変オトクだといえます。
爪水虫の初期症状でしたらクリアネイルでも対応可能かもしれません。

 

               ⇒爪水虫の初期症状にDr.G's クリアネイル

 

 

値段は高くなってしまいますが、爪の奥にまで浸透するので
クリアネイルショットを選んでおけば安心と言えます!!

 

 

⇒クリアネイルショット体験談