爪水虫 臭い

足が臭いのは爪水虫の症状ですか?

 

 

爪水虫の症状として通常は、爪が厚くなる、爪の色が濁ってきて褐色になる、爪が変形する、爪に筋が入ってくる、爪がボロボロになる、などがあげられます。
一方、爪水虫の症状として足が臭いと訴える人も少数派ですがいます。

 

 

「足が臭い」のは、爪水虫の症状だと言えるのかどうか、いろいろ調べてみました。

 

結論は、「足が臭いのは爪水虫が原因ではない」という意見と
「爪水虫は足の悪臭の大きな原因の1つ」という意見の両論があって、
爪水虫の症状として「臭い(くさい)」を挙げる人は多くはありません。

 

 

下に両方の意見を紹介します。

 

 

「足が臭いのは爪水虫が原因ではない」との意見の論旨は:

 

爪水虫自体が臭い(におい)を出すことはありません。
爪水虫になるということが、足が蒸れやすい環境にある、ということで、
足が蒸れた状態が長く続くと、雑菌が繁殖し臭い(におい)を発生させるわけです。

 

「足が臭い」の原因は、爪水虫自体ではなく、足がムレる環境にある、ということです。

 

 

「爪水虫は足の悪臭の大きな原因の1つ」との意見の論旨は:  

 

足の悪臭は、足の裏から出る汗や、足の皮脂や、汚れなどを栄養源とする雑菌やバクテリアの排泄物の腐敗臭が大きな原因です。
爪水虫の原因菌の白癬菌もこれらの雑菌の1種ですが、白癬菌による悪臭はほかの雑菌よりも程度が強いともいわれます。

 

ワキガもそうですが、汗自体が臭いのでは無く、雑菌の繁殖によってワキガの臭いが発生します。
臭いを発生する菌は、白癬菌だけではありません。

 

どちらにしても、爪水虫に限定するのではなく、他の雑菌も繁殖していることが足の臭さの原因と考えられます。

 

 

⇒足の臭いを抑えるにはコチラがベスト!!