水虫と爪水虫

水虫と爪水虫(爪白癬)

爪水虫(爪白癬)の人は、水虫にもかかっているのでしょうか?
実は爪水虫の人の殆どの人が、水虫にかかってしまっています。

 

爪水虫の人には、自分が水虫にかかっているという自覚症状のない人が多いんです。
それは、何故かと言うと、

 

爪水虫はもちろん、普通の水虫でもかゆいという症状は実は殆ど無いんです。

 

 

その為、水虫に気付かない事が多いのですが、よく見ると足裏の皮が剥けているなどの形跡があります。

 

爪水虫の経過

基本的には足に繁殖した水虫(爪白癬)が爪の先から侵入し爪水虫となります。

 

水虫菌(白癬菌)は、爪先から根本に向かって進み、感染した部分が白色や黄色に濁っていきます。
菌に冒された爪は浮き上がりぼろぼろになり、厚みが出てきます。

 

爪水虫の治療で見落としがちなのが、この水虫の治療です。

 

 

⇒水虫治療にはコチラ