クリアネイルショット 水虫完治

爪水虫は完治する?

 

 

ここまで爪水虫の予防法や予防策には、木酢液や竹酢液を使用する事をご紹介してきましたが、この方法で水虫の原因「白癬菌」は退治又は不滅、最終的に完治する事は可能なのでしょうか?

 

爪水虫の場合、足に出来る水虫に比べ治療にかかる時間は長いと言われています。
つまり完治させるまでにも相当の時間が必要になってくるんです。

足の爪が完全に生え変わるのに6ヶ月かかる?

 

手の爪は、1ヶ月3mm伸びるのに対して、
足の爪は1~1.5mmしか伸びないので、
3mmだけでも足の爪が爪水虫に侵されていたとしたら、
単純に計算すると2ヶ月かかってしまうことになります。

 

その為、
一度爪水虫になってしまうと、悩みが長期化してしまいます。

 

更に、爪水虫の原因菌は爪の内部に潜んでいるので、
新しい爪が生えてきているから大丈夫だろうと油断すると、
新しい部分も爪水虫に侵されてしまい、
悪循環になります。

 

その場限りの対応でなく、原因菌がいなくなる根治治療をするのには、
本当は最低で6ヶ月は必要だというのが
ほんとうのところです。

 

 

先に述べた自宅で治療する木酢液や竹酢液を使用する場合はもっと時間がかかりますし、併用する場合でも根気がいるということを覚えておきたいですね。

 

 

爪の中に水虫が出来てしまうのは、本当に厄介で完治するまでに時間がかかるという事を覚えておきましょう。
諦めなければ、完治させることは可能です。