ネオジウムYAGレーザーは爪水虫に効果ある?

ネオジウムYAGレーザーは爪水虫に効果ある?

爪水虫(爪白癬)の飲み薬ラミシール(有効成分:テルビナフィン塩酸塩)を使用した場合でも完治する確率は50~60%と言われています。

 

完治する確率が低い人の特徴として、爪の伸びるスピードが遅いということが挙げられます。
そんな人に良く使われる方法が、ネオジウムYAGレーザーです。

 

このネオジウムYAGレーザーは、赤イボや脱毛などに対して使われるレーザーで
爪の内部温度を60~65℃まで温めます。

 

ネオジウムYAGレーザーのメリット

・爪内部の水分が蒸発し、白癬菌にダメージが与えられる。

 

・爪の伸びが良くなり、回復が早まることが期待できる。

 

・熱いと感じない温度なので、安全。

ネオジウムYAGレーザーのデメリット

・保険適用外なので、もしすべての足を治療する場合1回1万~数万円と高額。

 

・照射範囲が狭いので、広範囲の治療に不向き。

 

ネオジウムYAGレーザーまとめ

ネオジウムYAGレーザーは、基本的に飲み薬に対して副作用の心配がある人や
費用に余裕がある人向きのち療法と言えるでしょう!!

 

 

薬が飲めない方や、飲み薬の完治率を上げるにはネオジウムYAGレーザーではなく
今話題のコチラの塗り薬がオススメです!!