グリーンネイル 爪水虫

グリーンネイルは爪水虫?

ネイルをして、外したら爪の表面が黄色くなっていた、
もしくは緑色になっていた(緑色だと結構重症です)
という方はいませんか?

 

この現象は、グリーンネイルと言われています。(黄色でも)

 

これは、少しの隙間から水が入っていまい、そこに緑膿菌
が繁殖して起きる症状です。

 

爪水虫は、白癬菌という真菌(カビ)の一種ですが、
緑膿菌は、真正細菌(細菌、バクテリア)の一種なので
厳密に言うと爪水虫とグリーンネイルは、原因菌が違います。
しかし、グリーンネイルは、爪カンジダを併発していることが多く、
治療には、抗真菌の塗り薬、飲み薬が使われることもあります。

 

 

 

グリーンネイルは、初期の症状は、爪の表面が黄色くくすんだ色ですが、
進行すると緑色に発色します。

 

爪の表面が緑色になってしまっている状態では、
菌の根は、爪の中にまで入ってしまっていると考えていいと思います。

 

しっかりとした対策が必要です。